FC2ブログ

プロフィール

南

Author:南
こんにちは、
初めまして、
南と申します。
東京在住。

出没スポットは、渋谷や新宿の町。

クンニをこよなく愛しておりまして、
もうとことんご奉仕したくなってしまいます。

幸せなこのお時間を少し、
わかちあえればと思っています。

■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信

私もしてもらいたいな♪

お名前を入れてください:
メールアドレスを入れてください:
メッセージのタイトルを入れてください(メールアドレスは南にしかわかりません):
南宛のメッセージを入れてください:


ご奉仕、南のご紹介

舐め犬の中では舌技を重視していると思います。
道具としてのクンニにももちろん対応します。
完全に命令どおりになんでもできまして、
姫に満足いただき、姫の幸福度を高め、
ひいては姫の周りの人々の幸せ度も高めて、
今の社会をよりよくしていきたい、と本当に思っています。
クンニは世界を幸せにする、 人であれば、当然の日常的行為、というのが基本的なスタンスです。
そんな考えの下で、ご興味をもたれた姫にご奉仕をしています。
そんな私のクンニの日々をここで
ちょっと書いてみようかなと、
お読みいただきたいと思っています。
幸せ感を共有する一つの手段と思っています。

お読みいただくだけではなく、
私もしてほしいな♪と思った時にアプローチできるのは このブログの大きな特徴と言えます。
クンニはなかなか身近な人であればこそ、
お願いしにくいのが日本の男女の社会と思っています。
もちろん最初はパートナーの方など身近な方に、
クンニをしてほしい、とお願いしてください。
このブログではそんな日常のクンニに役立つ情報や技術も
順次ご説明していきます
なかなか身近だと、クンニが好きだなんて、言ったこともない、
今更言えない、といった場合もあると思います。
その時には、南をお呼びください。
私もしてもらいないな♪のボックスからメッセージください。
南に直通になっておりまして、ほかの誰にも知られることなく、ご奉仕のご案内をさせていただけます。
質問はこのブログの右のカラムに、よくある質問を掲載しています。
なんだか、ただ
きもちよくしてもらえばいいな、

面倒なことをぬきに、
道具みたいに、
わたしのあそこをぺろぺろなめて
くれるひとがいないかな、
みたいな、

そういうかたにごりよういただてきました。


心行くまで舐め犬を
ご堪能いただきたいと思います。

簡単に私のことを書きます。
東京目黒に在住し、
都内の国立大学大学院を卒業、
普段は、会社員をしております。
30代です。

実際はクンニ道具なのですが、

普段は変哲ない

一会社員として振舞っています。

気持ちよいご奉仕を心がけ、

日夜、妄想の中で研究を続ける日々です。

どうかかわいがってやってください♪

再度お伝えします。
ご用命がありましたら、
ページの中にある
「私もしてもらいたいな♪」
からメッセージをご送信ください。

便利なように
4カ所も設置しています。

どこからメッセージいただいても、
かまいません♪

まずはご質問からでも結構です。ご用命の具体的な依頼でももちろんお受けします。

コメント、投票、
拍手なんかも、
おいてみました。

ぜひぜひお気軽に♪♪

よろしくお願いいたします。

>

してもらうなら?


ご覧になっている方

    現在ご覧の方:

姫様


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


私もしてもらいたいな♪

お名前:
メール(メールアドレスは南にしかわかりません):
メッセージ件名:
南へのメッセージ:


クンニ大好きです♪


I want to do,too.

Name:
Mail adress:
Title:
Message for Minami:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クンニ、性欲が抑えられなくて、

そんな風にご連絡いただく方はやっぱり多いです。


お昼にランチしながら思ったり、


街でイケメンを目の前にして思わず
恥ずかしいこと思ったり

ありますよねえ。


でも女性からはなかなか言えません。


どうすればいいんでしょうね…


お読みいただきありがとうございます。




私もしてもらいたいな♪(メールアドレスやメッセージなどは南にしか届きません。別ウィンドウからメッセージをお送りいただけます)


お名前を入れてください:


メールアドレスを入れてください:


メッセージのタイトルを入れてください:


南宛のメッセージを入れてください:








クンニ、くりとりすが気持ちいい


60代の美人奥様のの様にご奉仕です。

くりとりすが気持ちいいとおっしゃいます。

ペロペロさせていただき、

ご満足いただけました。


絶対に秘め事ということでした。ですよね。




私もしてもらいたいな♪(メールアドレスは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







クンニ、気持ちいいですよね。
なかなか舐めてといいにくいところが難しいところです。男にどうして舐めてもらえばいいでしょうか。

舐めさせるというのが、一ついいかもしれません。


もう思い切って、男を寝かせて、

むりやり、といってもいいように、

男の顔にあそこをつけちゃうのです。


そうやって追い込んでしまえば、
もう舐めざるを得ません。



おもいきって、そんなふうにしちゃうのも、たまにはいいかも。


およみいただきありがとうございます。

私もしてもらいたいな♪(メールアドレスは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







クンニ、
やっぱり恥ずかしいですよね。

壇蜜さんとかが出て来て、

エロのハードルが下がっているのかな、
とちょっと思う時があります。


女性がクンニみたいなエッチなことも、
あけすけに話してもいいみたいな雰囲気があるのかな。


私のところに、メールいただく姫様はでも恥ずかしい、
って方がほとんどですよね。
あまりお友達とは離さないみたいです。

みなさんはいかがでしょうか?

およみいただき、ありがとうございます。南

クンニは私生活で生きるな、
と最近つくづく思うようになりました。

あまりえらそうなことはいうつもりはないのですが、

男性にでも、女性にでも、

接するときは、相手にクンニをしているような

気持ちで接すると、とても良い人間関係が築けると感じるようになっています。



相手の気持ちをさっし、あいてがもとめるものを感じながら、

サービスしていく、その精神はふへんてきなものだなとおもうのです。


男性こそわかるのかとおもいますが、

このなつ、いそがしいなかで、

ちょっとかんじるところがあり、かいてみました。

およみいただき、ありがとうございます。

■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信




結構、こちらのサイト、
外国の方もご覧になっているようで、

どのような印象をお持ちなのかな、
と思いますね。


日本人の性行為って、ちょっと淫靡。

よく舐め犬サイトで、

海外っぽい、ポジティブなクンニ(?!)画像を

出されている方もありますが、


ちょっと私がしているねっとりクンニと

ニュアンスが違うような気もしていますね。



海外の方って、私みたいな舐め犬になめられたいとか
思うんですかね。


コメントいただけたらとも思います。

試しに「私もしてもらいたいな♪」に、

英語版も設けてみようかな。。。


感想などお寄せいただけましたら幸いです。


こちらグーグルで、翻訳してみましょう。

、、、、

Dear the Princess.

Thank you for your interest.

This site also seems to be watched by foreign visitors,

What impression do you have?


A sexual activity of Japanese is hidden "under the ground".
Not so active.


Some "Butter Dogs" in Japan often introduce
Cunnilingus active images.
Cunnilingus I have served are a little more soggy
rather than active.


"Foreign cunnilingus" has also feel like a different nuance.




Do people overseas want to be licked by a dog licking like me?


Once I try to make a mail form

"♪ I want to do also" in English.


We hope you can, such as sending comments.

Minami

-----
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







いつもと違う舐め方、っていいかもしれませんね。



普通、クンニと言えば、姫様を寝かせて、


脚の側から近づいて、
おまんこを舐める、っていうのが普通です。


それと逆に、


おなかの隣くらいに座って、

姫の上半身の側から、

脚に挟まれる形で

おまんこを覗くように近づいて


ぺろぺろ舐める、っていうのもあります。




普通と逆になりますから、




お尻の穴を舐めるのもこちらの方がいいようにも思いますね。


特に、膣に近いエリアをきちんと舐めやすくなります。

膣の中に、舌をはわせるような時には、



いつもとは違った舐め方、いいように思いますね。




お読みいただき、ありがとうございます。
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:









くりのかわをむきますか。

クンニのだいご味の一つは、
やっぱり
クリ舐めであるのは間違いありません。


クリは気持ちいい場所であるとともに、

やはり難しいところだな、ともいつも感じます。

くりのおかれた環境が

姫様によって、大きく異なるからです。

クリの形やおおきさも姫様によって、全く異なってきます。



例えば、くりをおおう皮をむくかどうかだって、

一筋縄ではいきません。



おまんこがふっくらしている姫様は、

多くの場合、おおきくくりのかわをむいて差し上げるのが大切です。


一方で、比較的やせ形の方は、そもそもクリはおおきく露出していますから、


必要以上にくりのかわをむきますとやはり痛くなってしまいます。


ちょうどいいかんじで舐める、っていうのが難しいところです。


やはり会話しながら、性感帯をきちんと聞いて差し上げる心遣いが、


ご奉仕には欠かせないのだな、と思いますね。



お読みいただき、ありがとうございます。

私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:








お花見シーズン、


やっぱり
サクラはきれいですよね。

茶よりも黒に近い

あのごつごつした樹皮から、

どうして桃色で甘く香る、

サクラの花が毎年必ず芽吹いてくるのだろう、

なんて、やっぱり思います。


ご覧の姫様もお近くで花見を楽しんでおいでと

思います。まあ、花よりダンゴ、というところはあって、

やっぱりお友達と飲んだり、話したりが楽しいですよね。




だんだんと暖かくなってきて、
きもちもちょっとはればれとしてきて、

やっぱりクンニの季節となってきました♪♪
といっても大げさではないですよね。

冬はちょっと寒くって、

姫様にご奉仕している時にも、
私としても、

ちょっとさむくないかな、
と暖房が利いた部屋でも心配してしまいます。

でも春ともなれば、

そんなこともなくなってきますね。


いろいろと忙しくなって、
ストレスもたまってくるのも、
新年度、春の特徴。休日はそうでもない、
といっても、平日になると、
忙しくなってきて、


やっぱり癒しのクンニを欲してしまう♡♡

そんな気持ちはちょっとはありますよね。


ただでさえ、
舐められるのは好きだな、
なんてお気持ちがあれば、やっぱりなおさらです♪♪


ちょっと

新しいことを
やってみたい、

という思いも出てくるときかもしれませんね。

これまでやったことないことを
やってみようかな、みたいな。そういう声は聞きますので。

私はちょっとこれは分かりませんが、

そういうところがある可能性はありそうです。



「私もしてもらいたいな♪」よりの
いつでもご連絡ください。
できる限り、すぐにご返信いたしますので、
ご安心ください。



お読みいただいて、ありがとうございます。
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







クンニをしていますと、


「うまくはまった」と感じることがあります。
舐め犬側の発想ですから、

姫側にはぴんとこないのかもしれませんが、

でも、姫様の方でも、
あ、これって気持ちいい、という、
いい舐め方に「当たった」という時はあると思います。


結構不思議なもので、

眼の前にある小陰唇、膣、クリトリスといった、

おまんこの凹凸は眼に見ればあきらかであるにもかかわらず、


どうはまってくるか、

というのは、実際になめてはじめてわかる。


みたいなところがあるように思います。



個人的には、

顔面騎乗をして、

姫様と顔と向き合う形になったときに、

うまくはまりやすいかな、と思っています。



有態にいいますと、「いいところに舌があたっている」

ということなんですけどね。




いったんはまると、没頭して、
止まらなくなるところはあります。


ちょっと舌を離すと、
その感覚がどういうわけか、分からなくなったり、


くやしいから、できるだけ密着させて、

舌と姫様とを離さないように舐めるんです。


はまるまでの時間をいかに短くできるかって、
舐め犬のテクニックなのかもな、と思いますね。


お読みいただき、ありがとうございます。南

私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:








さいきんちょっと思うのは、

やっぱり恥ずかしい、
ってことですかね。


クンニ好きな女性層は、

確実にかなりなボリュームで

存在しています。

すべてが表に浮かびあがることはありません。


なぜかといえば、

やっぱり恥ずかしいからです。




いろいろ姫様とご奉仕していましても、


思うのは、この願望というのは、


私舐め犬が推し量る以上に、

恥ずかしさは、すごいものなんだな、ということです。



舐め犬を継続的にしていますと、

ついつい麻痺してしまうところもあります。


ひそやかな楽しみを、

ご奉仕を提供する側としても、


あくまで秘めたるものとして、

受け取っていかないとな、と思います。



私の思い込みもあるのかなぁ~ともちょっと思いますが。。。


お読みいただきありがとうございます。
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







新年度、



ことしも、クンニにまいしんしたいと思います。


よろしくお願いします!

私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:








ぐしょぬれ


やっぱり、姫様のぐしょぬれの

あそこのおいしい汁を味わわせていただくのは
大好きですね。


膣から湧いてくるお汁を

たっぷり口に含ませていただき、


おもいっきり舌を、あそこを覆うように

当てていく、

ぺろぺろぺろぺろと、じっくりしていくと、

またぐしょぬれに姫がなっていただく、


言葉を交わさなくても、きもちいですよ、

とささやいていただくようで、

とてもうれしいです。


小陰唇、大陰唇、膣、お尻の穴、

時には膣の中にも下を入れてほしいと

おっしゃっていただいたり、

お尻の穴に下を入れて舐めてほしいと

おっしゃられたり、

姫のお願いはさまざまです。


言葉としてきちんと聞いて、

ご希望をかなえていく、


舐め犬は忠実でないと、やっぱり舐め犬ではないですよね。


ぐっちょりぬれたおまんこはやっぱり大好物です。


お読みいただき、
ありがとうございます。
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







早くクンニをしてもらいたい



そんな風に、普段、日常生活の中で、


ふと頭に浮かぶ姫様も多いと思います。


近しい方からでしょうか、あるいは南のような舐め犬でしょうか。




南のどうしようもないブログをご覧いただいて、

大変に恐れ入りますが、


どんな風に舐め犬を扱いたいですか?

いろんな姫に、やってほしいこと、してもらいたいことを、


じっくり教えていただきたいです♪

勉強して、明日のご奉仕にいかしたいな、

そんなふうに思いますね ♪♪




ともあれ、とにかく

四の五の言わずに、舐めなさい、というところはありますよね。



やっぱりお会いした姫様からは、、

早く舐めて ♡♡♡


みたいな感じで、


おっしゃいただけます。


うれしいです。



読んでいただきながら、舐め犬を道具のように

使って、熱くなった秘部を舐めさせたい、


洗わないままに、きれいに舐めさせたい、


小陰唇、大陰唇、膣、お尻の穴、
そしてクリトリスを丹念に舐めさせたい、


うれしい限りです。

そうふと思いながら、
南の通信を

ご覧になる方も多いのではないでしょうか。



お読みいただきながら、
うなずいている方もおられますでしょうか。

南としては本当にうれしい限りです。




「クンニしなさい!」「もっと舐めなさい!」

なんて、やっぱり南として言いつけられたいですよね。

厳しくしつけていただきたいです。



そういえば、

ある姫様に言われて、性病検査を念のため受けましたら、

関係ありそうなところは、


完全陰性でした、ご参考までお知らせいたします。




お読みいただき、ありがとうございます。
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







ご奉仕させていただくと、

顔面騎乗はやっぱりご提案します。



顔面騎乗はなさいますか、と

姫様にお伺いしますと、自然な流れとして

させていただくことにはなります。


私が寝そべって、

その上に姫様がまたがる。



「どちら方向にいたしましょうか」


そう申し上げますと、

姫様次第で、

私のほうへ顔を向ける方と、

逆に、私の顔のほうにお尻を向ける姫がいらっしゃいます。



そうしまして、私の顔、
というか、口と鼻と目の上に

おまんこをおもいっきり乗せていただきます。


「もう窒息しそうです」と

つい顔がほころんでしまうんですね。

といっても、ほころばせることができません。


おもいっきり顔にのかっちゃっていますから。


姫様は、というと、

やっぱり、顔面騎乗はクンニの醍醐味という思いもあるんですね。


私の上におまんこをおしつけて、クリトリスを中心に、
小陰唇、大陰唇、膣、お尻の穴を


「じゅるじゅる」

「ねっとりねっとり」

「べちゃべちゃ」


と擦り付けていらっしゃいます。


私は、舌を出して、やはり

膣や小陰唇大陰唇、クリトリス、お尻の穴と、


満遍なくなめさせていただきます。



重力のパワーでしょうか。


クリトリスの突起が、よく当たってくれるんですね。

だから、ねそべってのご奉仕とは異なる、
気持ちよさがあります。


私としても、眼前に姫様の秘めたる場所があり、

大喜びなんですね。



クンニっていいな、そんなことを私としては
心から思う瞬間ですね。



姫様にとっては、

道具としての舐め犬を一番感じる時のひとつなのかな、とも
思われます。


顔面騎乗は喜びととても近いです。


お読みいただきありがとうございます。
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







「どの舐め犬さんにしようかな♪」


そんな風に考えながら、

いろいろとホームページをご覧になっている方も多いはず。


どうして、そんなに舐め犬さんにニーズがあるのか。。。


やっぱり「してくれないから」
ですよね。


まわりに、まあ好きな人とか、

ステディーな人はいたりしたりしても、


まあ、いなくても、

クンニばかりはしてくれない、


そういう場合がやっぱり多いんですよね。




舐め犬さん、問題は、やっぱり都心に多いことですよね。


東京以外の方も、ご相談ベースでいいですので、

お気軽に「私もしてもらいたいな♪」から、

メッセージお寄せください。


お読みいただきありがとうございます。
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:









舐め方、


女性自身が知っていることはありません。


どういう舐め方がよいのか、

それは男性側が経験値を積むしかありません。

クリトリスの最高な舐め方、そこをつかむと、

女性のご奉仕でやはり喜んでもらえる

側面は強まります。



クリトリスは皮をかぶっており、

核の部分と、皮との境目と、

皮の周辺とが分かれています。


こちらに舌をどんな風に這わせるか、

縦なのか横なのか、

回転させるのか、

吸うのか、つつくのか、


「その舐め方いい」「そのあたり気持ちいい」

「もっといっぱい舌を動かして」
「吸ってください」
「ずっとそこを舐めていて」


そんな風にご指示をいただきながら、

最適なクンニを提供いたします。

女性にじゅるじゅる音を聞いていただいて、
ぺろぺろしていく。

どんな舐め方がよいでしょうと、うかがっても、

やはり方法までは分からない場合が多いですね。


技を確実に身に着け、使い分けられるようになってこそ、
奥義をつかめるのですね。


お読みいただきありがとうございます。

私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:








南にご連絡をいただけますことを、

心からお礼いたします。



女性のおまんこを舐めるのが
大好きなんていうのを、

臆面もなく書いている、

変態キモメンのページに、


姫様がご連絡くださるのは本当に恐縮です。




いただくメールには、
真摯に対応しなければ、と、
そんな気持ちを強くする今日この頃です。


皆様、メールありがとうございます。

南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信
南拝
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







女性がおしっこしているところ、

女性ですら見ないかもしれませんね。



男性は個室でありませんから、当然、

しょうべん小僧のようによく見える。


女性のおしっこって、

秘めたものなんですよね。


だからなのでしょうか、女性って、人前でおしっこすることに、

明らかな非日常を感じるんだと思います。




ご奉仕していますと、


流れで、私の顔におしっこをかける、って場面があるわけです。


普通ならばありえません。でも、おしっこかけますか?と聞くと、

結構、いいですか?って感じで、自然と女性って、

私の顔の上でおしっこをするんですね。



すごく恥ずかしい、だけど興奮を感じる、


クンニを受けるのとセット、相乗効果のあるプレミアムな行為といえるかもしれません。



次のご奉仕でもするのかな??


今日もお読みいただき、ありがとうございます。

私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:






なめ犬のご奉仕をさせていただく。

小陰唇ってつるつるしてますよね。

結構、どこが気持ちいのかわかりにくい。


意外と女性って自分がどこが気持ちいいか
知りませんよね。


たぶん、私のほうが知っていると思うことが多いです。



だから、喜んでいただけるのかな、と想像します。

では本日もご奉仕に行ってまいります!


私もしてもらいたいな♪(メールアドレスは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。