FC2ブログ

プロフィール

南

Author:南
こんにちは、
初めまして、
南と申します。
東京在住。

出没スポットは、渋谷や新宿の町。

クンニをこよなく愛しておりまして、
もうとことんご奉仕したくなってしまいます。

幸せなこのお時間を少し、
わかちあえればと思っています。

■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信

私もしてもらいたいな♪

お名前を入れてください:
メールアドレスを入れてください:
メッセージのタイトルを入れてください(メールアドレスは南にしかわかりません):
南宛のメッセージを入れてください:


ご奉仕、南のご紹介

舐め犬の中では舌技を重視していると思います。
道具としてのクンニにももちろん対応します。
完全に命令どおりになんでもできまして、
姫に満足いただき、姫の幸福度を高め、
ひいては姫の周りの人々の幸せ度も高めて、
今の社会をよりよくしていきたい、と本当に思っています。
クンニは世界を幸せにする、 人であれば、当然の日常的行為、というのが基本的なスタンスです。
そんな考えの下で、ご興味をもたれた姫にご奉仕をしています。
そんな私のクンニの日々をここで
ちょっと書いてみようかなと、
お読みいただきたいと思っています。
幸せ感を共有する一つの手段と思っています。

お読みいただくだけではなく、
私もしてほしいな♪と思った時にアプローチできるのは このブログの大きな特徴と言えます。
クンニはなかなか身近な人であればこそ、
お願いしにくいのが日本の男女の社会と思っています。
もちろん最初はパートナーの方など身近な方に、
クンニをしてほしい、とお願いしてください。
このブログではそんな日常のクンニに役立つ情報や技術も
順次ご説明していきます
なかなか身近だと、クンニが好きだなんて、言ったこともない、
今更言えない、といった場合もあると思います。
その時には、南をお呼びください。
私もしてもらいないな♪のボックスからメッセージください。
南に直通になっておりまして、ほかの誰にも知られることなく、ご奉仕のご案内をさせていただけます。
質問はこのブログの右のカラムに、よくある質問を掲載しています。
なんだか、ただ
きもちよくしてもらえばいいな、

面倒なことをぬきに、
道具みたいに、
わたしのあそこをぺろぺろなめて
くれるひとがいないかな、
みたいな、

そういうかたにごりよういただてきました。


心行くまで舐め犬を
ご堪能いただきたいと思います。

簡単に私のことを書きます。
東京目黒に在住し、
都内の国立大学大学院を卒業、
普段は、会社員をしております。
30代です。

実際はクンニ道具なのですが、

普段は変哲ない

一会社員として振舞っています。

気持ちよいご奉仕を心がけ、

日夜、妄想の中で研究を続ける日々です。

どうかかわいがってやってください♪

再度お伝えします。
ご用命がありましたら、
ページの中にある
「私もしてもらいたいな♪」
からメッセージをご送信ください。

便利なように
4カ所も設置しています。

どこからメッセージいただいても、
かまいません♪

まずはご質問からでも結構です。ご用命の具体的な依頼でももちろんお受けします。

コメント、投票、
拍手なんかも、
おいてみました。

ぜひぜひお気軽に♪♪

よろしくお願いいたします。

>

してもらうなら?


ご覧になっている方

    現在ご覧の方:

姫様


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


私もしてもらいたいな♪

お名前:
メール(メールアドレスは南にしかわかりません):
メッセージ件名:
南へのメッセージ:


クンニ大好きです♪


I want to do,too.

Name:
Mail adress:
Title:
Message for Minami:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はるか様、


都内にお住まいのマダムの姫にご奉仕いたしました。
40歳くらいでしょうか。上品なクンニという言葉に似つかわしくない女性です。


思うところあって、私にご連絡をくださいました。



平日、私はちょっとお暇いただきまして、

ご奉仕です。




新宿のアルタの近くの喫茶店で待ち合わせました。



まさか、ご奉仕で会ったとは、誰も分からないでしょうね。

最初のミーティングはいつも新しいことが始まる予感がして、

楽しい気持ちがします。クンニとはもしかしたら、この新しい出会いの部分も含めてクンニなのかもしれません。

セックスだと、なんだか、このような楽しい気持ちにはもしかしたらならないのかもしれませんね。






というわけで、ご奉仕いたしました。



はるか様、

シャワーを浴びられて、お願いしますと、

おまたを開かれます。


私は顔をうずめまして、まずは大陰唇から舐めさせていただきます。


小陰唇も舐めます。


私はとても意外な感じがしたのですが、


小陰唇をおなめした時点で、はるか様は

もう何かとんでもないことをしてしまったのか、
というくらいに絶叫なさるんです。


ちょっとはるか様にははずかしいことなので、

申し上げるのははばかられますが、
すごいお声を上げられるんです。



最初にミートした上品なマダムの風貌からすると、
全く予想できないことで、意外に感じました。



でも、とてもうれしく思いました。

こんなに小陰唇だけで、喜んでいただけるのだ、ということにです。



それから、クリトリスや膣、お尻の穴となめさせていただきましたが。


もちろん、絶叫の度合いは、さらに高まっていったのは言うまでもありません。


途中休憩をはさみながら、
4時間ほど思い切り舐めさせていただきました。


はるか様は、強めがお好きで、私としても勉強になったクンニでした。

「いままできちんとされていませんでした」とのお言葉。

もったいない、と心から思いました。

お読みいただき、ありがとうございます。


■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信


私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:








 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。