FC2ブログ

プロフィール

南

Author:南
こんにちは、
初めまして、
南と申します。
東京在住。

出没スポットは、渋谷や新宿の町。

クンニをこよなく愛しておりまして、
もうとことんご奉仕したくなってしまいます。

幸せなこのお時間を少し、
わかちあえればと思っています。

■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信

私もしてもらいたいな♪

お名前を入れてください:
メールアドレスを入れてください:
メッセージのタイトルを入れてください(メールアドレスは南にしかわかりません):
南宛のメッセージを入れてください:


ご奉仕、南のご紹介

舐め犬の中では舌技を重視していると思います。
道具としてのクンニにももちろん対応します。
完全に命令どおりになんでもできまして、
姫に満足いただき、姫の幸福度を高め、
ひいては姫の周りの人々の幸せ度も高めて、
今の社会をよりよくしていきたい、と本当に思っています。
クンニは世界を幸せにする、 人であれば、当然の日常的行為、というのが基本的なスタンスです。
そんな考えの下で、ご興味をもたれた姫にご奉仕をしています。
そんな私のクンニの日々をここで
ちょっと書いてみようかなと、
お読みいただきたいと思っています。
幸せ感を共有する一つの手段と思っています。

お読みいただくだけではなく、
私もしてほしいな♪と思った時にアプローチできるのは このブログの大きな特徴と言えます。
クンニはなかなか身近な人であればこそ、
お願いしにくいのが日本の男女の社会と思っています。
もちろん最初はパートナーの方など身近な方に、
クンニをしてほしい、とお願いしてください。
このブログではそんな日常のクンニに役立つ情報や技術も
順次ご説明していきます
なかなか身近だと、クンニが好きだなんて、言ったこともない、
今更言えない、といった場合もあると思います。
その時には、南をお呼びください。
私もしてもらいないな♪のボックスからメッセージください。
南に直通になっておりまして、ほかの誰にも知られることなく、ご奉仕のご案内をさせていただけます。
質問はこのブログの右のカラムに、よくある質問を掲載しています。
なんだか、ただ
きもちよくしてもらえばいいな、

面倒なことをぬきに、
道具みたいに、
わたしのあそこをぺろぺろなめて
くれるひとがいないかな、
みたいな、

そういうかたにごりよういただてきました。


心行くまで舐め犬を
ご堪能いただきたいと思います。

簡単に私のことを書きます。
東京目黒に在住し、
都内の国立大学大学院を卒業、
普段は、会社員をしております。
30代です。

実際はクンニ道具なのですが、

普段は変哲ない

一会社員として振舞っています。

気持ちよいご奉仕を心がけ、

日夜、妄想の中で研究を続ける日々です。

どうかかわいがってやってください♪

再度お伝えします。
ご用命がありましたら、
ページの中にある
「私もしてもらいたいな♪」
からメッセージをご送信ください。

便利なように
4カ所も設置しています。

どこからメッセージいただいても、
かまいません♪

まずはご質問からでも結構です。ご用命の具体的な依頼でももちろんお受けします。

コメント、投票、
拍手なんかも、
おいてみました。

ぜひぜひお気軽に♪♪

よろしくお願いいたします。

>

してもらうなら?


ご覧になっている方

    現在ご覧の方:

姫様


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


私もしてもらいたいな♪

お名前:
メール(メールアドレスは南にしかわかりません):
メッセージ件名:
南へのメッセージ:


クンニ大好きです♪


I want to do,too.

Name:
Mail adress:
Title:
Message for Minami:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとみ様



ちょっと言い古された言葉な気もしますが、

キャリアウーマン、の女性です。OLの言葉が意外としっくりするのかも、
しれませんね。


職場では男性のように見られている、

とおっしゃる女性です。もちろん、クンニされたいなんて、

職場ではおくびにも出さないはず。


そんな30代の姫からご用命をいただきました。




都内のある駅南口で待ち合わせました。
やっぱり電話で友達の再会、といった感じでお会いしました。



喫茶店でちょっとお話しますか?と伺いますと、

直接でいいですよ。ということで、ホテルに向かいました。


お昼どきだったので、

ちょっとおにぎりとか、サンドイッチとか、私が買いました。
お茶も。


そして、ご奉仕です。


クンニは最近、男性との出会いを通して、良さを感じるようになった、
というお話。なかなか目覚めに出会う時って、ないんですよね♪


でも、ある時に、ふと、これはいいかも♪

思うんですよね。


女性的なところを職場では見せない、という姫。


それがどういうことでしょう。ご奉仕いたしますと、


女性よりも女性らしい声であえいでいただけました。


心から気持ちいいという声で、応じてくださいます。


ホテルの壁の向こうにきっと届いていたことでしょう。


3時間、あえいでいただきました。



女性はいく方といかないかたがいらっしゃると思いますが、


姫はいく方。


姫がおっしゃるには、何度かいった、とのこと。

ご満足いただけたようです。

何度も、

「クンニ大好きです」とおっしゃる姫。

職場では決して見せないもう一つの顔なのかもしれません。



買ったおにぎりやサンドイッチは、私がそのまま持ち帰ることになりました。


お読みいただき、ありがとうございます。



■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信


私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:






はるか様、


都内にお住まいのマダムの姫にご奉仕いたしました。
40歳くらいでしょうか。上品なクンニという言葉に似つかわしくない女性です。


思うところあって、私にご連絡をくださいました。



平日、私はちょっとお暇いただきまして、

ご奉仕です。




新宿のアルタの近くの喫茶店で待ち合わせました。



まさか、ご奉仕で会ったとは、誰も分からないでしょうね。

最初のミーティングはいつも新しいことが始まる予感がして、

楽しい気持ちがします。クンニとはもしかしたら、この新しい出会いの部分も含めてクンニなのかもしれません。

セックスだと、なんだか、このような楽しい気持ちにはもしかしたらならないのかもしれませんね。






というわけで、ご奉仕いたしました。



はるか様、

シャワーを浴びられて、お願いしますと、

おまたを開かれます。


私は顔をうずめまして、まずは大陰唇から舐めさせていただきます。


小陰唇も舐めます。


私はとても意外な感じがしたのですが、


小陰唇をおなめした時点で、はるか様は

もう何かとんでもないことをしてしまったのか、
というくらいに絶叫なさるんです。


ちょっとはるか様にははずかしいことなので、

申し上げるのははばかられますが、
すごいお声を上げられるんです。



最初にミートした上品なマダムの風貌からすると、
全く予想できないことで、意外に感じました。



でも、とてもうれしく思いました。

こんなに小陰唇だけで、喜んでいただけるのだ、ということにです。



それから、クリトリスや膣、お尻の穴となめさせていただきましたが。


もちろん、絶叫の度合いは、さらに高まっていったのは言うまでもありません。


途中休憩をはさみながら、
4時間ほど思い切り舐めさせていただきました。


はるか様は、強めがお好きで、私としても勉強になったクンニでした。

「いままできちんとされていませんでした」とのお言葉。

もったいない、と心から思いました。

お読みいただき、ありがとうございます。


■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信


私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:








クンニ、強めのテクニック、

クリトリスの舐め方2



文字通り、強めに舐めるクンニです。


クンニは、姫によって、いろいろな強さが求められます。


中でも、結構強めにするのがお好みの方がおります。


ちょうど最近、立て続けに強めをお好みの姫が続いて、


書いてみようかな♪と思いました。




強め、というと、どういう風に舐めるか


舌を単純に押し付ける、というのが分かりやすくところ。

でも舌はやわらかいので、
どうしても、姫を満足させるには至りにくいと思います。


クンニの基本は同じままで、

気持ちいいポイントを押さえつつ、


強く刺激するのが大切です。


その手段が大切です。



やはり唇をうまく使うのが大切になります。


唇を固く締めるような形にして、

そのまま口を開いて、また閉じる。


例えば、クリトリスならば、

その唇でクリトリスをつまむようにします。



またはつまむのではなくて、

硬く閉じた唇、または半開きの唇を、


クリトリスに強くすりつけます。



その時に、首をうごかしてもいいですし、

顔全体を動かしてもいいですし、

姫のお尻を持って、姫そのものを動かしてもいいです。



硬い唇にクリトリスの気持ちいいところに

うまくすりつけるのがポイントです。



このやり方でも、

クンニの基本の通り、姫のご希望を聞くのを怠ってはいけません。


痛かったら物も子もありません。

また歯が当たったりするのは何としても避けねばなりません。



舌と唇、時には、鼻も使いながら、


クリトリスを中心としたおまんこをうまく刺激するのが重要です。



体勢は、正常医型のクンニでもいいですが、

強いクンニをご希望の姫ならば、


顔面騎乗が特におススメです。

理由は簡単で、姫の体重が掛かってきますので、

自然と強い刺激をすることができるからです。



強いクンニ、ご希望の方は、

ぜひ、パートナーの方に、ちょっとそんなやり方を教育してみたらいかがでしょう♪


なかなか言えないわ、、、、という時は、

南までご連絡ください。ご奉仕いたしますね♪


私もしてもらいたいな♪からメッセージをください。


お読みいただき、ありがとうございます。

■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信



私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:






関連記事
れいか様


ある姫からのお便りをご紹介していいとのことで、
こちらでお伝えしますね。



れいか様は、

私がご奉仕しましたある姫です。


やはりクンニが大好きで、
私のご奉仕にはこころから満足いただけたと
おっしゃっていただきました。


ただ、ちょっと遠方の方で、

私がいつでもご奉仕するわけにはいきません。


実は、彼女、近くにいわゆる「イケメン」がいらっしゃるんですね。

それで、彼女の考えたことといったら、結構大胆です。


そのイケメンを舐め犬に調教しちゃおうと、たくらんでいるというのです。

何と、その男性にクンニが好きと告白し、

さらにクンニだけしか好きじゃないから、挿入はしないでずっと舐めて!

とお願いしたというのです。



なかなかすごいなと、私もそのメールを聞いちゃって、
どうなることかとはらはらしていましたが、


男性の方としては、さすがに舐めるだけはちょっと、
ということで、断っていたとのことなんです。


そうして、先日、ついに舐めさせた、という報告をいただきまして、

こちらでちょっとご紹介しようかなと思いました。



ただ、やっぱり、入れられちゃった、というんですね。


舐められたんだけど、やっぱり入れる前の前戯程度、とのこと。


「やっぱりクンニだけというのはダメなんですね」というお言葉でした。



そういうのを聞きますと、

やっぱり「入れる」というのは特殊な行為なんだなと、改めて思います。


少なくとも、男の私からしてみれば、

体に、あの棒を入れるというのは、

結構すごい行為とは感じます。


女性も、実は同じように、違和感を持っているのかもしれないな、
と思いました。

その点、クンニは舐めるだけですから、自然な行為と言えるかもしれませんね。



だからこそ、ファンがいらっしゃるんでしょうね。


お読みいただき、ありがとうございます。



■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信

私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:









この初夏いい天気になってから、
ちょっとご用命が増えていますね。

私もしてもらいたいな♪


クンニをぺろぺろ、

お尻の穴もぺろぺろ、

クリをぺろぺろ、

したい季節ですね♪

いろいろなバックグラウンドの方から
ご連絡いただき、楽しい限りです♪

この夏も、
どうぞよろしくお願いいたします。


お読みいただきありがとうございます。南

■南のクンニ/舐め犬/姫ご奉仕通信

私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:







関連記事

クンニ、
好きな人が増えているような気がします。

ネットを見ていると、クンニ好きだって、公言している方、
男女問わず、よくみますよね。


共感が共感を呼んで、


みなさんが、クンニをより楽しむことができれば、

そんな視点で、

クンニを盛り上げるような

ブログを書いていくのもいいかな♪

なんて、思いますね。



お読みいただきありがとうございます。
私もしてもらいたいな♪(お名前、メールアドレス、内容などは南にしか届きません)


お名前を入れてください:

メールアドレスを入れてください:

メッセージのタイトルを入れてください:

南宛のメッセージを入れてください:






関連記事

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。